連泊・グループ出張ならTripBiz!

日本初 法人特化型 民泊予約サイト「TripBiz」の活動を発信します。

発信すれば、返ってくる。発信しないと返ってこない。

昨日、以下のブログをツイートしたら予想以上の反響で、自分自身ビビっております。15,000人のフォロワーを持つ短パン社長がRTして下さったことで、多くの方にリーチできました。

 

 

実はこのブログは、短パン社長含め、セミナーで私の登壇を聞いてくれてた方に見てもらいたくて書いたもの。それが多くの方に結果的に伝わる内容になったんだなぁと思いますし、短パン社長以外にも、たーくさんの方にRTしてもらい、TripBizをより多くの方に知っていただける機会になったなぁと皆さんに感謝しています。

 

発信すれば、返ってくる。発信しないと返ってこない。

 

さて、改めて気づいたことを二つ。

 

まず一つは、誰かを具体的にイメージした方がより多くの人に伝わる、ということ。今回はセミナーで聞いて下さっていた方々に、再度内容をお伝えしたくて書きました。それが結果的に、より多くの方に届きやすい内容になっていたということ。やっぱりふわふわした内容やと誰にも伝わらないし、刺さらないんだなぁと。

これって多分、ブログとかSNS発信とかじゃなくて、ビジネスでも言えること。もっともっとお客様像(いわゆるペルソナ?)を意識して、その人たちにはグサーーっと刺さる内容にとぎすます必要がありますね。この辺は、僕自身しっかり意識したいと思います。

 

そして、二つ目。

このブログのタイトル通り。

 

「発信すれば、返ってくる。発信しないと返ってこない」という事実。

 

Facebookに投稿したら、高校時代の友人がたくさんアイデアを出してくれた。

 

クリーニング、靴磨き、ビジネス情報の提供、ビジネスマンに特化した広告の企画etc...

 

などなど、全部パクろうと思った笑。もちろん、いますぐできること、今じゃなくて付加価値として将来やるべきこと、などなど色々考えないといけないですが、これもやっぱりこちらから発信し、ボールを投げ続けるからこそ。投げないと何も返ってこないし。ずっと連絡のとってない人とか、SNSでも繋がってない人、会いもしてない人から、何か自分のためになる情報やアイデアなどは来たことないですよね。

 

やっぱり、こっちから放り投げることが大事なんだなぁと思いました。

 

そういう意味で行くと、ブログとかSNSとかオンライン上の話だけじゃなくて、イベントへの登壇やお客様訪問などオフラインでも活動もとても重要になってきます。そこで自社の紹介をしたり、自分の思いを伝えたりすると、それに対して何か返してきてくれるわけです。良いも悪いも含めて。

 

だから、先日参加した民泊カンファレンスなんか、とてもよかったっす。

民泊大学の高野さん、RemoteLockの池田さん、いつもありがとうございます。

 

そのカンファレンスのブログ▼

norry.hatenablog.com

 

そのカンファレンスの時のツイート▼

 

 

イデア募集(笑)

というわけで皆様、突然ですが、TripBiz事業のアイデアは募集しますw。

ごめんなさい、こんなゆる〜い感じで。

 

TripBizの事業は。以下の方程式です。単純です

 

TripBizの売り上げ = 宿泊日数 x 単価 x サービス手数料(マッチングフィー)

 

それぞれの数字を高められるアイデアがあれば、ぜひ教えてください。

 

ただし、民泊施設の開発や運営は考えておりません。

プラットフォームとしての立ち位置に拘りたいと思います。

 

内容によっては、TripBizでの出張をいくらかまで無料提供するとかにしようかな。

条件は応相談です笑。

 

今日は以上ですー!

 

 TripBizを利用してみたい方はこちらから!▼

tripbiz.com