連泊・グループ出張ならTripBiz!

日本初 法人特化型 民泊予約サイト「TripBiz」の活動を発信します。

相手が持つ、自分のマインドシェアを高める

僕が意識していることは、相手に自分のマインドシェアを高めてもらうということ。

 

要は思い出してもらうことが大切。あっ、そういえばあの人がいたな、みたいな。

 

今は、ゴリゴリの営業マンが数字をあげられる時代ではない。昔は、目の前の営業マンからしか買い手が情報を得られなかったから、営業スキルやノウハウがあれば、そこそこ結果は出せたと思う。

 

でも、もう今の時代は、買い手にとって無限の情報に溢れかえっているし、無数の選択肢が存在する。もちろん、営業スキルとかノウハウみたいなのは絶対にあったほうがいいんやけど、それは表層的なもの。本質的には、良い商品・サービスか、そしてそれを届けてくれる人が信用できるかがとても重要だと思う。

 

そんな無数の選択肢と無限の情報に触れ続ける状況で、何が重要か。

 

まずは思い出してもらうこと。これがないと始まらない。そもそも選択肢に上がってこないと、選んでもらえるわけがない。「そういえば、この分野で得意なあの人がいたな」みたいな。

 

そして、次に、声をかけてもらうこと。思い出してもらっても、連絡がなければ意味がない笑。だから、気軽に連絡ができるルートを確保しておくこと。Facebookで繋がるのもいいし、LINEを交換しておくのもいい。お客様とであれば、情報提供など時折メールを送っておくのもいいかもしれない。アナログ的に、月に一回食事をするのももちろんいいかもしれない。とにかく、連絡をもらえるきっかけを作ったり、気張らずに連絡してもらえる状況を作ることが重要かなぁと思っている。連絡先あったかなぁ、って感じで持っている名刺を探すのではなく、「あっ、このメルマガに返事してみよう」とか「ちょっくらFacebook messengerで連絡してみよう」っていう感じ。

 

その先は、商品・サービスの内容・機能、それを紹介する営業マン・会社の資質やスキルなどの話になるので、ちょっと割愛する。

 

要は、関わる人々がどうやったら自分のことを思い出してもらえるか。つまり、相手の中にある自分のマインドシェアを高める必要がある。

 

下心満載で話をすると、TripBizのことを思い出して欲しく、いつか使って欲しくて、僕は平日なら毎日ブログを書いているし、Facebookを使っているし、InstagramTwitterを通じて、発信している。まだまだ足りないけど、できる限りやっている。僕が物理的に普段関わる人々を見ても、多分僕が一番ブログを書いている(内容がいいかどうかは置いておいてねw)し、継続している。発信するのは楽しいし、100%TripBizだけのためにやっているわけじゃないけど、下心をさらけ出して話をするとそんな感じ。

 

 

 

続けていると、それの効果がやっぱりじわじわ出てきている。

 

「来週、大阪出張に行くんやけど、どっかお勧めの宿ある?」

「一度使ってみようと思ってやってみたんですけど、これで無事予約できてますよね?」

「友人が長期出張で東京に行くって言ってたから、TripBiz勧めといたよ」

「TripBizの認知を増やすために、力になれるかもしれんから今度会おうよ」

 

こんな感じで、気軽に連絡をもらえるようになってきた。

 

さらに、少し違う内容だけど、学生時代の友人からも突然連絡がきたりすることも。

「多分、話すの大学以来やけど、なんかおもろいことやってるんやね」とか言われたり、「いつも、ブログ見てるよー。」とか言ってくれたり。

 

みんなの中で、少しずつ僕自身やTripBizが記憶に残ってるのかな^^。

 

そして、それと同じように意識しているのが、ご縁をおつなぎすること。

自分自身に直接のビジネスメリットがなくても、自分が架け橋になって、良いご縁を生み出せるのであれば、それは絶対にやりたいと思っている。

 

このツイートのように今日も一つお繋ぎさせていただいた。

 

理由は二つある。

単純に楽しいし、嬉しいから。そして喜びを感じられるから。

 

次に、これも赤裸々に話すと、僕自身がご紹介した方々のマインドシェアに入れるから。周辺の人に、自分の営業行為ばかりしていたら、絶対うざかられるし、逆に忘れられる。でも、このように相手に貢献することで、頭の片隅にかもしれないが、より覚えてもらえる。

 

だからこれからも続けていこうと思う。

 

なんか今日は、文章が「である」調になった笑。