連泊・グループ出張ならTripBiz!

日本初 ビジネスシーン特化型 民泊プラットフォーム「TripBiz」の活動を発信します。

よくある質問シリーズ③ 〜ホテルとの比較(予約の流れと決済について)〜

おはようございます!

 

今日は「よくある質問シリーズ③」。

 

ということで、「TripBizで予約するとホテルより面倒なんじゃないのか」というご質問を受けましたので、それについてお答えしたいと思います!!

 

f:id:norry-yasuda:20170725064537j:plain

 

ホテルと比較した時に、どんな違いがあり、どんなメリットがゲスト様にあるのかについて、Q&A方式でご紹介してみます。

 

それぞれのQ&Aは、過去のよくある質問シリーズ①と②に関連しているので、こちらから覗いてみてくださいね↓

 

norry.hatenablog.com

 

norry.hatenablog.com

 

Q1. 現在のビジネスホテル予約と同じように、従業員個々で予約をする場合、会員登録が面倒なので、登録したくないという意見が出てきそうです。(総務・管理部からのご質問)

A. ユーザー様のご登録はメールアドレスと名前のみ。とても簡単です。

 

TripBizでは、会社単位でアカウントを作り、そのアカウントに紐付けてユーザー登録ができます。

 

まずは、会社アカウントの作成者が、会社情報などを登録します。

 <会社情報の登録画面>

f:id:norry-yasuda:20170706100214p:plain 

そして、マイページにある「メンバー管理」機能を使い、その作成者がユーザーとなる各出張者のメールアドレスを登録し、メンバー追加すれば、出張者の登録が完了します。(アカウント作成者自身も、会社アカウント作成と同時に、出張者として利用することが可能になります)

<マイページのメンバー管理画面>

f:id:norry-yasuda:20170726094241p:plain

f:id:norry-yasuda:20170726094308p:plain

 

はじめに登録さえ完了してしまえば、出張者はメアドとパスワードでログインすれば、即予約できます。予約の度に、お客様情報を入力する必要は一切ございません


<補足>

出張者以外が、代理で出張予約を行うことができます。

(総務部や営業部のアシスタントの方などが、出張手配を担っている場合に、よく使われる機能)

 

「出張マネージャー」が、出張者の代わりに、代理予約をすることができます。

代理予約をする方が、出張者情報に加え、クレジットカード(会社や部署のもの)も登録すれば、出張者は予約や登録自体を行う必要はございません。

 

Q2. 予約時に、ホストによる承認やチャットのやり取りがあるなど、コミュニケーションが取れ非常に便利なシステムではありますが、工数がかかりませんか?

A. 実績では、平均すると2往復以内で、予約確定とチェックイン方法の把握が可能です。「ホテルからメールで返信が来て、それに返事をするだけ」のイメージですね。でも、TripBizの場合はチャットを使うので、もっとシンプルです。
 

f:id:norry-yasuda:20170802062428p:plain

 
これは、ンスリーマンションさんによる鍵の受け渡しと全く同じですね。

ホストさまも、TripBiz上で空き部屋を"ビジネス"として運用されています。
 
出張者様に手間をかけないよう、効率的な対応方法を常に考え、ほとんどの場合、チェックイン方法などのご案内は予約確定段階で完了します。

また、「返信率」という迅速な対応を促す評価の仕組みもございます。物件検索段階でゲスト様に分かるように表示されるため、これによりホスト様は常に素早い返答を意識されています。
 

f:id:norry-yasuda:20170726094610p:plain

 
このように、ホスト様もビジネスとして顧客満足度を高め、出張者様のリピート・長期利用を目指すべく、取り組まれています。
 

Q3. クレジットカード払い限定となると、出張者からすると通常のホテル手配より利用に伴う工数が多くなりませんか?

予約時、チェックアウト時、経費精算時それぞれに、実際は工数を減らせることができます。


⑴ 予約時

一度クレジットカードをご登録いただければ、予約の都度、再登録をするという必要はございません。例えば、楽天市場やアマゾンのようにユーザー登録をしてしまえば、あとは登録済みのカードで決済されるというイメージです。

f:id:norry-yasuda:20170726095046p:plain


⑵ チェックアウト時

カード決済が済んでいますので、チェックアウトためにフロント前で並んだり、自動精算機で支払いをしたり、という手続きが不要になります。
ビジネスホテルでも今は観光客が急増し、チェックアウトのために並んで待つということも時にはあります。時間管理がとても重要な出張時は、スムーズなチェックアウトを実現できます。

⑶ 経費精算時

まず、高額になりがちな宿泊代も、出張者による現金立替え払いが不要になります。
次に、領収書の保管が不要になります。ホテルの場合、経費精算のタイミングまで、財布やデスクに領収書を保管しておかなければばなりません。一方、TripBizでは、いつでも領収書を管理画面からダウンロード可能です。
最後に、会社のクレジットカードを登録すれば、出張者にとって、そもそも「経費精算」という手続きが不要になります。総務・経理担当者にとっても、出張管理ダッシュボードを見れば、誰がいつどこにいくらで泊まったのかが分かるため、事前に承認された出張申請との付け合せも容易にできます。

<マイページの領収書ダウンロード画面>

f:id:norry-yasuda:20170726095241p:plain

 

もちろん、今までのフローと変わる部分があります。

ただ、会社でアカウントを作り、一度ユーザー登録を済ませてしまえば、あとはメールアドレスとパスワードだけで、予約と同時に決済ができるだけでなく、経費処理を一部簡略化することができます。

 

一度ご利用いただくとその便利さにお気づきいただけるはずです^^

 
また、ゲスト様向けにキャッシュバックキャンペーンも行っております。
 
ご好評いただいておりますので、ぜひこの機会にTripBizを一度体験してみませんか?

 

norry.hatenablog.com

 

さぁ、今日も走り抜けます!

 

ではでは!!

 

〜〜日々一歩ずつ。継続力。〜〜