TripBiz ー 日本中の空き部屋を一時社宅へ

日本初 ビジネストラベル特化型 民泊マッチングサイト「TripBiz」の活動を発信します。

昨日もゲストさん訪問

昨日も、登録して下さったゲストさんを訪問してきました。

 

そこは、あるエリアに特化したコンサルティングを行う会社さん。 

 

f:id:norry-yasuda:20170704233738j:image

 ↑ミーティング直前に一枚パシャ。いつ見ても、やっぱり素敵な東京タワー。

 

その会社さんでは、クライアント先に訪問する際に宿泊場所を手配するとのこと、数日〜1,2週間の宿泊が多いようでした。

 

その中でお聞きした悩みは、まず、ホテル代が高騰している点。

 

次に、ビジネスホテルだと、部屋に戻ってからPC業務がやりにくい。(デスクが小さい、電気が暗いetc..)

 

そして3つ目に、なるほどと思ったのが、ホテルが取れたとしても、ビジネスホテルはいま観光客で溢れかえっているケースが多いらしく、落ち着いた雰囲気で仕事に取り組める環境がいいなぁとのこと。

 

私も色々なゲスト様とお会いしていますが、上記の3点は結構耳にする意見です。

 

そこで、ホテル以外の選択肢を考えていたところ、TripBizを見つけていただいたとのことでした。

 

TripBizを使うシーンとは?

この話を踏まえて、私からお話させていただいたのは、

 

「大都市で連泊出張するならTripBiz」

 

という点です。

 

(大都市 = 東京・大阪・福岡)

 

今、TripBizのリスティングは東京と大阪が中心。

全国津々浦々にリスティングがあるわけではないですし、今後47都道府県に満遍なく広げていく予定も今はまだありません。

 

一方、大都市圏に関しては、とにかく集中してリスティングを増やしていきたいと考えていますし、現状も9割近くが大阪と東京に集中しています。

 

旅行の場合は、「今回の休みはどこに行こうかな〜」と、目的地を考えるところから始まるケースが多い。しかし、ビジネストラベルの場合は、「来月の東京ビックサイトの展示会に出展する」や「品川にあるお客様先を訪問する」というように、目的地がはっきり決まっている前提で、宿泊場所の手配をします。

 

目的地がはっきりしたうえで宿泊場所の手配をするので、その目的地となりやすい大都市圏で、より多くの選択肢をゲスト様に提供していきたいという考えがございます。

 

少し極論のたとえ話をすると、47都道府県に一つずつお部屋の掲載があったとしても、恐らくゲストさんはサイトを見にこないと思うのですが、全47部屋が全て品川駅徒歩5分圏内にあれば、「品川で宿泊するならここ」という特定のエリアで圧倒的な強みを発揮できると思うんです。(品川で47部屋が十分とは思いませんが、あくまで例えです^^)

 

ぜひ、このゲストさんにはTripBizをご活用いただきたいな〜。

きちんと価値を提供できるよう、サービスに磨きをかけて参ります。

 

一社一社ファンを増やしていけるように、頑張ります。

 

日々一歩ずつ。継続力。 

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/