TripBiz ー 日本中の空き部屋を一時社宅へ

日本初 ビジネストラベル特化型 民泊マッチングサイト「TripBiz」の活動を発信します。

帰省、そしてホストさんからヒアリング

実は先週末は京都に帰っておりました。

 

高校からの友人の結婚式があり、出席するために戻ってきました。

 

f:id:norry-yasuda:20170624134218j:image

 

久しぶりに街を歩いてみると、かなり変わった印象があります。

とにかく人が多いし、新しいお店が増えているし。

 

京都では、何年か前に風営法に関わる条例が厳しくなったのですが、その効果からピンク系のお店も大幅に少なくなった気がします。

 

観光立国として日本が成長するために、京都が国を牽引していくような役割を担ってくれると、地元民としては嬉しいなぁ。

 

ホストさんからヒアリング

さて、京都に帰省したわけですが、実はホスト暦3年かつ現在簡易宿所3件経営するホストさんとお会いしてきました。

 

現在、京都在住で大阪と京都に簡易宿所を経営しておられるのですが、こちらもなんと先日紹介したスーパーホストさん↓と同様、大学の同級生! なんと世界が狭い。。

 

友人を通じて紹介してもらったのですが、今回京都に帰るタイミングで会う時間をいただきました。

 

norry.hatenablog.com

 

14時に待ち合わせだったのですが、少し早く着いたので、こちらのブレンドコーヒーを注文し、仕事をしながら待ち合わせ。(これは余談。コーヒーが美味しかったので笑)

 

f:id:norry-yasuda:20170624135759j:image

 

今回も素晴らしい意見がたくさん

1時間たっぷりお話させていただいたのですが、いやー、今回もたくさん素敵な意見をいただきました。

 

 いかにゲストが使いやすいサイトにするか、ゲストに対して「ホストの信用度」「部屋の質」をどうプラットフォーム側として高める工夫をするのか、ホストが日々どういうことを考えるのか、などなど本当に参考になる意見ばかり。

 

やはり、サービスを提供する側が、自分勝手に想像しただけのサービスを導入するのではなく、こういったお客様からの意見を常々ヒアリングしなければいけませんね。

 

今回頂戴したアイデアは、書こうか迷ったんですが、やめます笑。

 

少しだけお話すると、TripBizは「法人向け」であるという特徴があるので、それをどうサイトや部屋に反映させるのか。そして、新法で規定された180日(さらに自治体によっては、条例で短縮される余地あり)という制限に対して、どうホストをお手伝いできるのか。

 

こんな目線でのお話だったのですが、かなり重要なビジネスアイデアなので、一度私のメモとして仕舞っておきます。かっこつけてConfidentialにしておきます笑。

 

早くこのアイデアを実現したい!

 

少し中期的な施策のアイデアなので、それらの導入を見据え対局を捉えつつも、目の前の細かな改善を日々実行していきたいと思います。

 

日々一歩ずつ。そして継続力。

 

これがやっぱりテーマですね。

 

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/