連泊・グループ出張ならTripBiz!

日本初 ビジネスシーン特化型 民泊プラットフォーム「TripBiz」の活動を発信します。

スーパーホストさんとミーティング

さて、今日も朝6時に起きて、ブログを書こうと思ったのですが、なんと息子も同じ時間に起床(笑)

 

ということで、朝は子供とゆっくり過ごし、家を出た後書いております。

 

さて、今日はスーパーホストさんとミーティング。

 

大学の時の友人と話していたら、同じ大学の人でスーパーホストの人がいると教えてもらいました。よくよく聞いてみると、昔少し話したことがある仲良くしてた友人の友人ということがわかり、早速都内スタバで待ち合わせをして情報交換することに。

 

やっぱり自分がやっていることを発信し続けると、いろんなご縁が舞い込んできますね!

 

 f:id:norry-yasuda:20170621090415j:image

 

(今日は久しぶりにラテにしました。いつもはケチって、アイスコーヒーにミルクを多めに入れています:))

 

 11時に待ち合わせて、じっくり1時間半話を聞かせてもらいました。

 

ホストさん目線で、本当に色んな話が聞けました。

 

そのホストさんは、渋谷区に2世帯で住めるマンションにてホスティングをされているそう。一つに自分が住み、もう一方にゲストに宿泊してもらっているとのこと。

 

儲けるためというより、外国人の方との交流やホスピタリティという想いから、ホストを続けているんだそうです。

 

たくさんの素晴らしいご意見

 

なんと嬉しいことに、TripBizのサイトをじっくり眺めて、感じたことをたくさん話していただけました。

 

ポジティブな話:

・出張とか研修、展示会で使う人は、たくさんいそう。

・ビジネスマンが社宅のように使うとなると、近隣の方々や管理組合からの理解も間違いなく得やすいので安心

・新法施行後は、マンスリー・ウィークリーマンションとの相性も良さそう。

 

課題 (ネガテイブ):

・ホスト対応において、観光客とビジネス利用の違いを「ヒント」として載せたほうがいい。

・ゲストにクーポンなどを配って使うきっかけを作った方がいい。

・「ご利用の流れ」の中に、決済方法についての説明があったほうがいい。

・ホームWiFiかポケットWiFiか、違いがわかるとなお良し。仕事で来ると、ホームWiFiの方を選びたいから。

・清掃料もホストが受け取れるのか疑問に感じた。

・他のOTAとカレンダー連携ができるのかがわからない。

・ホストもゲストも自分に関係のある都市の情報を見たいので、部屋を都市別表示させた方が良い。

 

まだまだ、書ききれないほどの話をしてくれました。

 

正直にいうと全て対応しないとダメですね。

できるものは速攻で対応致します!

 

僕もここまで自分のサービスの課題を公表していいのかわかりませんが、少しずつこういった問題を解決していきます。

 

 

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/