TripBiz ー 日本中の空き部屋を一時社宅へ

日本初 ビジネストラベル特化型 民泊マッチングサイト「TripBiz」の活動を発信します。

帰省、そしてホストさんからヒアリング

実は先週末は京都に帰っておりました。

 

高校からの友人の結婚式があり、出席するために戻ってきました。

 

f:id:norry-yasuda:20170624134218j:image

 

久しぶりに街を歩いてみると、かなり変わった印象があります。

とにかく人が多いし、新しいお店が増えているし。

 

京都では、何年か前に風営法に関わる条例が厳しくなったのですが、その効果からピンク系のお店も大幅に少なくなった気がします。

 

観光立国として日本が成長するために、京都が国を牽引していくような役割を担ってくれると、地元民としては嬉しいなぁ。

 

ホストさんからヒアリング

さて、京都に帰省したわけですが、実はホスト暦3年かつ現在簡易宿所3件経営するホストさんとお会いしてきました。

 

現在、京都在住で大阪と京都に簡易宿所を経営しておられるのですが、こちらもなんと先日紹介したスーパーホストさん↓と同様、大学の同級生! なんと世界が狭い。。

 

友人を通じて紹介してもらったのですが、今回京都に帰るタイミングで会う時間をいただきました。

 

norry.hatenablog.com

 

14時に待ち合わせだったのですが、少し早く着いたので、こちらのブレンドコーヒーを注文し、仕事をしながら待ち合わせ。(これは余談。コーヒーが美味しかったので笑)

 

f:id:norry-yasuda:20170624135759j:image

 

今回も素晴らしい意見がたくさん

1時間たっぷりお話させていただいたのですが、いやー、今回もたくさん素敵な意見をいただきました。

 

 いかにゲストが使いやすいサイトにするか、ゲストに対して「ホストの信用度」「部屋の質」をどうプラットフォーム側として高める工夫をするのか、ホストが日々どういうことを考えるのか、などなど本当に参考になる意見ばかり。

 

やはり、サービスを提供する側が、自分勝手に想像しただけのサービスを導入するのではなく、こういったお客様からの意見を常々ヒアリングしなければいけませんね。

 

今回頂戴したアイデアは、書こうか迷ったんですが、やめます笑。

 

少しだけお話すると、TripBizは「法人向け」であるという特徴があるので、それをどうサイトや部屋に反映させるのか。そして、新法で規定された180日(さらに自治体によっては、条例で短縮される余地あり)という制限に対して、どうホストをお手伝いできるのか。

 

こんな目線でのお話だったのですが、かなり重要なビジネスアイデアなので、一度私のメモとして仕舞っておきます。かっこつけてConfidentialにしておきます笑。

 

早くこのアイデアを実現したい!

 

少し中期的な施策のアイデアなので、それらの導入を見据え対局を捉えつつも、目の前の細かな改善を日々実行していきたいと思います。

 

日々一歩ずつ。そして継続力。

 

これがやっぱりテーマですね。

 

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/

少し映ってます @ バケーションレンタルEXPO

おはようございます↓

 

ちょっとだけ、私映ってます↓! 

 

prtimes.jp

 

 

また、バケレンEXPO関連の過去のブログはこちら〜

 

norry.hatenablog.com

  

norry.hatenablog.com

 

norry.hatenablog.com

 

 

今週もいい意味でやることたくさん!

 

今週末は改めて自社サービスで宿泊をして体験することで、たくさんの課題がみえてきました。

 

それをタスクシートに落とし込み、優先順位を考えて皆様が使いやすいサイトに育てていけるよう、チームとともに前に進んでいきたいと思います。

 

今週もよろしくお願い致します!

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/

TripBizで考えていること

民泊大学さんにご掲載頂きました!

 

私自身の自己紹介と今後のTripBizの展開について、記載していただいておりますので、ぜひご覧ください。

 

「日本企業の出張を快適に」TripBiz 新代表 安田 則之さん | 民泊大学

f:id:norry-yasuda:20170623065854j:plain

 

 

さて、今日は金曜日!

 

今週も一歩づつ事業を前に進められたかどうか。

 

今日の終わりにはしっかりと今週の状況を振り返って、来週への仕事につなげていきます。

 

東京・大阪での出張連泊ならTripBizをぜひご覧くださいませ。

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/

 

ホストさんの信用度をどのように高めるか

前々から妻に「いびきがうるさいから眠れない」と言われ続け、買ってみたのがこれ↓

 

 

要は、口をテープでとめ、開かないようにすることで、鼻呼吸を強制するもの。

いびきは主に口呼吸をするときに起こるので、口を閉じることで防ぐわけですね。

 

実は、これかなり効果がありました。

妻からは「全くいびきしなくなった」と言われたうえ、続けることで快眠と口臭の軽減に効果があるらしいので、皆様にはおすすめです。

 

 

さて、今日は「ホストに対する信用度の高め方」について。

 

TripBizの特徴は、「事前審査に通過した企業に所属するビジネスマン・ビジネスウーマンが泊まる」に特化しているという点にあります。

 

つまり、ホストさんとしては、株式会社◯◯の△さんが⬜︎⬜︎という目的で来る、といいうのが明確になるため、個人旅行で日本にきている外国人観光客と比較すると、より安心感が高まるわけです。

 

詳しくはこちらをご覧ください↓

 

norry.hatenablog.com

 

 

その一方、泊まる側であるゲスト目線で見ると、

 

「どのホストの部屋なら安心して泊まれるのか」

 

という判断基準が重要になってきます。

 

もちろん、ゲストさんによって判断は様々ですが、プラットフォームを提供するTripBizとしては、やはりその判断材料をできるだけ多く提供する必要があると考えています。

 

ホストさんの信用度を高めるための現在取り組みは以下の通りです。

  • 身分証明書提示の有無を公開(身元公開による安心感)
  • レビュー機能(利用者であるゲストからの評価を積み上げ)
  • 法人ホストさんによる部屋の掲載(簡易宿所やマンスリーマンションが中心ですが、ゲストと同じくホストも法人名という身元公開。)
  • 大手法人さまによる部屋の掲載(大手法人取引による、サイトへの信用補完)

これらの活動を通じて、ホストさんの信用度を高めるお手伝いをし、ゲストさんに安心して宿泊してもらえるよう、プラットフォームとしての役割を果たしていきたいと思います。

 

出張でTripBizを使い始めてもらうには、一つ一つ不安や「なんか良くわからない」という感情を消し去っていく必要があります。そこを私たちプラットフォーマーとしては、ホストさんの前面に立って取り組む必要ありますね。

 

 

もし、他に良いご意見があれば、ぜひご連絡くださいませ!

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/

 

スーパーホストさんとミーティング

さて、今日も朝6時に起きて、ブログを書こうと思ったのですが、なんと息子も同じ時間に起床(笑)

 

ということで、朝は子供とゆっくり過ごし、家を出た後書いております。

 

さて、今日はスーパーホストさんとミーティング。

 

大学の時の友人と話していたら、同じ大学の人でスーパーホストの人がいると教えてもらいました。よくよく聞いてみると、昔少し話したことがある仲良くしてた友人の友人ということがわかり、早速都内スタバで待ち合わせをして情報交換することに。

 

やっぱり自分がやっていることを発信し続けると、いろんなご縁が舞い込んできますね!

 

 f:id:norry-yasuda:20170621090415j:image

 

(今日は久しぶりにラテにしました。いつもはケチって、アイスコーヒーにミルクを多めに入れています:))

 

 11時に待ち合わせて、じっくり1時間半話を聞かせてもらいました。

 

ホストさん目線で、本当に色んな話が聞けました。

 

そのホストさんは、渋谷区に2世帯で住めるマンションにてホスティングをされているそう。一つに自分が住み、もう一方にゲストに宿泊してもらっているとのこと。

 

儲けるためというより、外国人の方との交流やホスピタリティという想いから、ホストを続けているんだそうです。

 

たくさんの素晴らしいご意見

 

なんと嬉しいことに、TripBizのサイトをじっくり眺めて、感じたことをたくさん話していただけました。

 

ポジティブな話:

・出張とか研修、展示会で使う人は、たくさんいそう。

・ビジネスマンが社宅のように使うとなると、近隣の方々や管理組合からの理解も間違いなく得やすいので安心

・新法施行後は、マンスリー・ウィークリーマンションとの相性も良さそう。

 

課題 (ネガテイブ):

・ホスト対応において、観光客とビジネス利用の違いを「ヒント」として載せたほうがいい。

・ゲストにクーポンなどを配って使うきっかけを作った方がいい。

・「ご利用の流れ」の中に、決済方法についての説明があったほうがいい。

・ホームWiFiかポケットWiFiか、違いがわかるとなお良し。仕事で来ると、ホームWiFiの方を選びたいから。

・清掃料もホストが受け取れるのか疑問に感じた。

・他のOTAとカレンダー連携ができるのかがわからない。

・ホストもゲストも自分に関係のある都市の情報を見たいので、部屋を都市別表示させた方が良い。

 

まだまだ、書ききれないほどの話をしてくれました。

 

正直にいうと全て対応しないとダメですね。

できるものは速攻で対応致します!

 

僕もここまで自分のサービスの課題を公表していいのかわかりませんが、少しずつこういった問題を解決していきます。

 

 

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/

TripBizで二毛作

昨日も、ある事業者さま二社と打ち合わせをしておりました。

 

どんな打ち合わせだったか少しご紹介!

 

まずは、ウィークリー&マンスリーマンションを展開するA社さん。

 

f:id:norry-yasuda:20170620063050j:plain

(写真はイメージです)

 

東海地区を中心に展開され、東京にも多数のお部屋を抱えておられます。

 

そのA社さんのご相談は、「いまから民泊新法施行に向けて、集客チャネルを増やしておきたい」とのこと。

 

(民泊新法については、こちらをご参照下さい↓)

minpaku-univ.com

 

minpaku-univ.com

 

これまで、各社さんとお話をしてみて、いまマンスリーマンションさんが抱える課題は以下の二つなのかなと感じました。

 

マンスリーマンションさんの課題:

・主な集客チャネルは、大手マンスリーマンションのポータルサイト数社のみ。

・借主とは基本的に月単位での契約になるため、退去してから次の入居があるまで、アイドルタイムがどうしても出やすくなる

 

まさにこれを解決できるのが、民泊との二毛作なんですね!

 

つまり、民泊予約サイトに登録することで、新たな集客チャネルとなりうる。

さらに、アイドルタイムを一泊単位で稼働させられる。

 

こういう点に期待されているんですね!

 

そして、彼らにとっては、民泊で施行予定の180日規制は寧ろ問題ではなく、基本的にはマンスリーで回していきたいため、民泊で穴を埋めるという形が基本スタイルになると思われます。

 

そこで、TripBizはゲストが法人さまに特化してており、短期利用が中心となる民泊も、中長期利用が中心となるマンスリーも、法人顧客という同じカテゴリーにハマるため、法人さまと接点を持てるあらたな集客の接点として、かなりご注目頂いてるわけです。

 

次に、もう一つの打ち合わせが、超大手旅行会社のB社さん。

 

f:id:norry-yasuda:20170620064442g:plain

(すみません、良い素材がなかったので、こちらを拝借しました・・。これもイメージです)

 

今回お話したのは、法人取引をメインにされている窓口で、出張代行や宿泊込みで行う集合研修などを法人さまに企画・販売している方々。

 

旅行代理店さんで日本旅行業協会の主要会員なので、特に経営陣の方々は業界との関係上、民泊の取り扱いに関しては非常に慎重なご様子(既存のお客様がホテルや旅館などが多いため)。

 

しかし、現場の皆様は新法施行が待ち遠しいとのこと!

やはり新しい集客チャネルや新しい商材を取り扱えるとのこと、民泊とTripBizに対してご期待を寄せていただいております。

 

提携するイメージとしては、以下の2パターン:

⑴ TripBizに同社が持つビジネス利用者向け宿泊施設を掲載(TripBizからの送客)

⑵ 同社が持つ法人会員向けサイトにTripBizの民泊物件を掲載(TripBizが同社に在庫提供) 

 

これらが実現できると、法人様にはさらに使いやすいウェブサイトに成長できるかなと考えています。

 

じっくりと取り組んでいければと思います!

 

tripbiz.com

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/

ゲスト様へのヒアリング

おはようございます。

 

今週末もしっかり家族と休暇し、月曜日を迎えることができました^^

 

 f:id:norry-yasuda:20170619064252j:image

 

 

さて、今週も、変わらずゲストさんとホストさんにヒアリングを続けています。

 

ゲストさまによる宿泊部屋の選択基準

 

以前この前、TripBizを利用したゲストさま(鹿児島から東京に出張で宿泊された方)に先日お話を聞いたところ、宿泊部屋の選択基準は以下のとおりでした。

 

1)場所:やっぱり駅の近くが良い。もしくは目的地の近くが理想。

 

2)設備:デスクやチェア、ネット環境、くつろげる雰囲気があるかどうか。

 

3)価格:ホテルと比較検討。連泊であれば、TripBizの方がホテルよりも良い傾向に。

 

まさに、これらは、私たちが提供しようとしている、ホテルにはない特徴。それを仰ってくださり、とても嬉しかった・・。

 

これらの基準にあったお部屋をもっともっと集めないといけませんね。

 

加えて、TripBizはゲストを法人に絞ってい安心感がある一方で、ホスト側も相手が法人ということもあり、同様の対応をしてくださったのは、満足感のあるポイントだったとのこと。

 

確かに企業様側としては、安心・信頼のできるホストなのかどうかは気になるところですよね。ホストは、会社名を知ることができるので、受け入れる安心感はありますが、一方でどのようにゲスト様側にそれを感じ取っていただくのか。

もちろんレビュー機能はもちろんありますが、それに加えて、ゲストと同じく「法人」のホストさまを増やすことで、ゲストさまにも安心感を提供できるサイトにしていきたいと考えております。

 

ただ、もっともっとここは突き詰めて考える必要がありそうです。

 

ご指摘いただいた課題

一方で、課題として、ウェブサイトが使いづらいなどのご指摘もいただきました。

 

部屋を探す時のフィルターがうまく機能していない。

領収書の発行方法がわかりづらい。

Web上でのやり取りに加え、メールでのやり取りも発生してしまうのは面倒。

 

などなど、多くの指摘をいただきました。

 

とても有難いご指摘です。

 

このようなご指摘をいただきながら、実は先日のブログ↓のときには20個だった機能改善・改修タスクが、さらに積み上がり37まで増えました。

 

norry.hatenablog.com

 

このようなご指摘は本当に重要と考えております。

 

そして、ご指摘いただけることが、本当に嬉しい。

 

また何か気になる点がありましたら、お気軽にご連絡くださいませ!

 

tripbiz.com

 

TripBiz Facebookページ https://www.facebook.com/TripBiz/